忍者ブログ

コスプレ ハロウィン スチュワーデス/客室乗務員のファンサイト

さくら「米ツアーはタフ」 暫定102位で予選落ち濃厚

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

さくら「米ツアーはタフ」 暫定102位で予選落ち濃厚

さくら「米ツアーはタフ」 暫定102位で予選落ち濃厚 

  米女子ゴルフのピュアシルク・バハマ・クラシックは6日、バハマ・パラダイス島のオーシャンクラブGC(パー73)で第1ラウンドの残りと第2ラウンドを行い、日没サスペンデッドで約半数が第2ラウンドを終了できなかった。

  今季初戦の横峯さくらは第1ラウンドで78と崩れ、第2ラウンドは73にとどまり、通算5オーバーの151で暫定102位となり、予選落ちが濃厚となった。

  第1ラウンドで71の宮里美香が70で回り、通算5アンダーで暫定7位とした。第1ラウンドで75の上原彩子はパープレーで、通算2オーバーの暫定69位。宮里藍は第2ラウンドの7ホールまでで二つスコアを落とし、同2オーバーとなった。

  第2ラウンドを終えた中では、柳先暎(韓国)が通算7アンダーとスコアを伸ばした。(共同)

 横峯さくらの話「予選通過を目標としていただけに、すごく残念。私にとって初戦だったが、本当に米ツアーはタフなんだなと感じた。日本では経験できないような(強い)風だった」

 宮里美香の話「この(強風の)コンディションでも、スイングに自信を持って打つことができた。それが好スコアにつながったと思う。パットも自信を持って打てた」

 上原彩子の話「疲れました。思うようにプレーできなかった。風が本当に強かったので、クラブの選択が難しかった。短いパットを外したし、番手を合わせられなかった」

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R