忍者ブログ

コスプレ ハロウィン スチュワーデス/客室乗務員のファンサイト

橋本3安打!亀井2安打!超ハイレベル外野レギュラー争奪戦

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

橋本3安打!亀井2安打!超ハイレベル外野レギュラー争奪戦

橋本3安打!亀井2安打!超ハイレベル外野レギュラー争奪戦 

     6回無死一、二塁、橋本が猛打賞となる中前安打を放つ橋本

  •  3回1死満塁、同点中前適時打を放つ亀井

      ◆練習試合 巨人3―7中日(19日・沖縄セルラースタジアム那覇)

      巨人の外野争いが、ヒートアップしてきた。橋本到外野手(24)が3安打、亀井善行外野手(32)が2安打と活躍した。大田、松本哲、金城らも実戦で高打率をマーク。長野は開幕に間に合えば“当確”だが、アンダーソン、矢野、兼任コーチの高橋由もレギュラーを目指している。過去に例のない超ハイレベルなバトルは、開幕直前まで続いていく。

      安打を重ねるごとに、橋本への歓声と拍手は大きくなっていった。まずは3回無死。小熊の真ん中直球を右前に運ぶと、続く4回2死では左前打。6回には中前打し、4打数3安打と固め打ちした。今キャンプは、実戦5試合で17打数9安打の打率5割2分9厘。「(レギュラー争いは)常に意識してやっています。負けたくないし、開幕スタメンを狙っている」と頼もしかった。

      亀井も負けていない。3回1死満塁から右前にタイムリーを放つと、5回2死でも右前打。5戦で打率3割5分3厘と、こちらも猛アピールだ。「橋本、大田、若い選手も調子がいいので、負けてられない。打撃は下半身に力が入っていないというか、まだしっくりきていない部分もあるので、もっとバットを振り込んでいきたい」。オフの自主トレでは一緒に練習を重ねたが、今はライバルとして、火花を散らしている。

      宮崎1次キャンプでの紅白戦を含め、ここまで5試合を消化した。各ポジションともレギュラー争いが本格化してきたが、最も激しい競争が繰り広げられているのが、外野陣だ。4番候補にも名乗りを上げる大田は、打率4割5分5厘、1本塁打、8打点と存在感十分。守備力NO1の松本哲は打率5割6分3厘をマークし、課題とされていた打撃面での進化を見せている。加えて、ベテランの金城も4割超え。ハイレベルなバトルが展開されている。

      だが、選手層を厚くすることが目的ではない。ある程度スタメンを固定することを理想とする原監督は、「レベルの高い争いになってくれればいいと思う」とうなずく一方で、「(レギュラーが)ずぬけた形で、出てきてほしい」と求めた。リーグ4連覇、日本一奪回のためには、盤石のメンバーをそろえなければならない。高い次元での競争、そこを勝ち抜くだけの実力が、真のレギュラーには必要だ。(尾形 圭亮)

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R